社長コラム

結果が出せる人、結果が出ない人の違い パート45

前回のお話で、結果が出ない人に見られる「アドバイスしても実施しない」理由について触れました。

今回は「アドバイスしても実施しない」理由について掘り下げたいと思います。

多くの人は「変化」を嫌います。

結果を出すために有効な情報を入手しても、すでに知っていることや理解している情報を好み、従来の自分の考え方・方法を変えません。

変化が嫌う理由は、その方が楽だからです。これまでそれなりに成果を出してきた(と思っている)考え方・方法を捨てて、新しいことに挑戦して失敗したくありません。だから知らないことを嫌うのです。

考え方・方法を変えるのには大変なエネルギーが必要で、よほどの理由がない限りはいままでと同じことを繰り返そうとします。

変化を恐れずに行動しないと、環境の変化にそぐわない悪しき前例踏襲から逃れることはできません。

さて、そのためにはどうしたらよいのでしょうか?
この件はまた次回にお話させていただきます。