社長コラム

結果が出せる人、結果が出ない人の違い パート51

最近社員との会話の中で、仕事に対するモチベーションの話をする機会がありました。今回はモチベーションの話をする人しない人についてのお話です。

一般的に、社員の業績を上げるためには仕事に対するモチベーションを高める環境を作る必要があると言われているようですが、私はそうは思いません。

結局のところは、本人がどのように考えるかの問題です。

やるべきことをやる、それを達成することが業績を上げるための大前提でモチベーションの入る余地はありません。

結果が出ない人は、モチベーションが上がらないから結果が出ない。その原因は上司や環境のせいだという考え方をします。

結果が出せる人は、モチベーションは自分で維持・コントロールするものと考えます。モチベーションの状態に関わらず、業績を上げるために必要なことを淡々とこなします。