社長コラム

結果が出せる人、結果が出ない人の違い パート40

仕事には期日があります。

本コラムでも過去に何回か同様のテーマでお話しさせていただいていますが、弊社にもいまだに期日に対する意識が弱い社員がいるようです。

この考え方は重要なので改めてお話しさせていただきます。

「その作業はいつおこなうのか?」

「〇日から実施します」

一見普通の問答のように思えますが、ここにも結果が出せる人と結果が出せない人の違いがあります。

結果が出せる人

結果が出せる人は、仕事には期日があることを理解しています。前述の質問に対しては「〇日までに完了します」と回答します。

期日を明確にすることには、期日から逆算した詳細なスケジュールが組み立てられ、実施内容も具体的になるメリットがあります。結果が出せる人はこのメリットに気付いているので回答内容にも期日を意識する姿勢が現れます。

結果が出ない人

結果が出ない人は、期日を明言しません。そのため作業の直前まで意識の外にあるので行き当たりばったりの対応しかできなくなります。

スケジュール管理がグダグダになり他の作業にも影響が出始め、そのうち仕事が回らなくなってきます。結果が出ない悪循環の始まりです。

仕事には期日があります。仕事のパフォーマンスをあげるために回答の仕方を変えてみませんか?