新製品

カスタム電源の提案にプラットフォーム回路方式を追加しました

新製品

★詳細情報はこちら ⇒ カスタム電源 – プラットフォーム回路方式

標準電源(仕様が標準化されてる電源)では満足できない場合、新たに電源を制作する(カスタム電源)必要があります。

ここで問題となるのが開発工数の存在です。カスタム電源と標準電源とではリードタイムに大きな開きがあります。

カスタム電源はお客様の要求仕様をもとに一から電源を制作します。お客様から電源制作のご依頼をいただいてから、トランス設計、熱設計、安全規格対応、オープンショート試験、EMS評価などの工程をこなして要求仕様通りの電源に仕上げていくため、それなりの開発期間を要します。

「なぜこんなに時間がかかるのか」

どこの電源メーカーに引き合いを出しても開発期間が長く、全体スケジュールに支障をきたす段階まで気付かない、なんてことも。

グローウィルでは、フルカスタム電源に要する開発工数のイメージを覆す、電源制作のリードタイム短縮に貢献する「プラットフォーム回路方式」をご提案いたします。