ACアダプタ

ACアダプタは、商用電源(交流入力)から目的の電力を出力する外部電源装置です。
製品自体の小型化や熱・ノイズ対策などにメリットがあり、電子機器の製品設計者から好まれる傾向にあります。

ただし、ACアダプタは取り扱いメーカーが多く製品種類・仕様も豊富です。
複数メーカーの多種多様な製品群から最適なACアダプタを選定することは困難を極めます。

品質・機能を保ったままコストダウンしたい
複数メーカーとの商談・交渉が面倒
失敗経験があるのでプロに任せたい
非設計者なので選定のノウハウがない

このように、多くの担当者様を悩ませるACアダプタの選定作業。
そんな悩める担当者様にグローウィルが次のご提案させていただきます。

グローウィルのACアダプタが選ばれる理由

ACアダプタのQCDを分業化

グローウィルでは国内外の有望なパートナー企業と提携し、機能(製造/品質保証/営業)の分業化に取り組んでいます。

分業体制間でそれぞれがコアとなる機能に注力することでQCD(Quality、Cost、Delivery)のバランスが取れたACアダプタを提供いたします。

グローウィルの提案型営業

パートナー企業の数だけ分業の組み合わせパターンがあり、一企業の枠に囚われないフレキシブルかつドラスティックな提案が実現可能です。

担当営業が綿密なヒアリング・分析をおこない、お客様のご要望にマッチしたACアダプタ及びご提供方法をご提案いたします。

グローウィルとつながることで開発案件毎に発生する製品選定や発注業務の大幅な工数削減が期待できます。

日々ご採用をいただく製品が増えておりますので、過去にお役に立てなかった案件でもご提案ができる可能性があります。

製品カテゴリ

現在取り扱っているACアダプタの一部をご紹介いたします。

Pickup Products

USBタイプ

ACアダプタ USBタイプ

USBのコネクタ形状に対応しているACアダプタ

>>製品一覧はこちら

医用機器向け

ACアダプタ 医用機器向け

IEC60601-1 第3.1版に適合しているACアダプタ

>>製品一覧はこちら

雷サージ対策

ACアダプタ 雷サージ対策品

雷サージから大切な機器を守る高耐圧仕様のACアダプタ

>>製品一覧はこちら

セミカスタム対応

ACアダプタ セミカスタム対応品

標準品+αの機能を追加できるACアダプタ

>>製品一覧はこちら

すべての製品一覧はこちら

下記電圧リストのボタンをクリックすると詳細ページへのリンクが表示されます。
ここでご紹介している仕様以外もご提案可能です。お気軽にお問い合わせください。

3.3V
5V
9V
10V
12V
15V
16V
18V
19V
20V
24V
48V
56V

お問い合わせはこちら

ACアダプタのカスタム対応も可能です

グローウィルでは本ページの取り扱い製品の他に、カスタム対応も承っております。

セミカスタム対応

ACアダプタ セミカスタム対応

セミカスタム対応品の中からACアダプタを選んでいただき、追加・変更内容をお申し付けください。
お客様のメリットに合致すれば弊社側からご提案させていただくこともございます。

ご注文数量によってはセミカスタム非対応品でも検討致します。お気軽にご相談ください。

フルカスタム対応

ACアダプタ フルカスタム対応

基本的に提携先メーカーの標準品からご提案させていただきますが、標準品になかったり、標準品よりもコストメリットがある場合(汎用性が高い反面、余計な機能が付いているなど)はお客様の要求仕様に合わせた電源制作をご提案させていただくことがあります。

ACアダプタとは|選定の予備知識

ACアダプタとは、商用電源より交流電流(DC)を利用可能な直流電流(AC)に変換する外部電源の一種です。
電源回路として独立した仕組みの電子部品であるため、内部電源では難しかった電気製品(デバイス)の軽量化・小型化やメンテナンス性の向上に貢献します。

例えば、ノートパソコンやスマートフォンなどのバッテリー充電器は利用シーンがACアダプタのメリットと合致しているので幅広く普及しています。

メリットの多いACアダプタはどの電気製品でも良く用いられるようになった反面、多種多様な仕様(電気特性や形状、規格等)が市場に出回るようになり、選定作業が難解になってきています。

この章では、ACアダプタ選定の助けになる情報をご紹介します。
初めて選定作業をされる方は参考にしてみてください。

ACアダプタの種類

ACアダプタの種類は、形状と回路方式で分類できます。

ACアダプタの用途や周辺環境で形状と回路方式を検討し、電源・負荷側の規格に応じてACピンやACコード、DCプラグを選択していきます。

形状

ACアダプタの形状は、大別すると「ウォールマウントタイプ」と「デスクトップタイプ」の2つがあります。

ACアダプタの種類 形状 ウォールマウントタイプ デスクトップタイプ

その名が示す通り、用途に応じて設計された形状タイプです。

ウォールマウント(壁掛け)タイプは壁面に設置された電源コンセントと接続し、デスクトップ(机上)タイプはデスクコンセントや電源タップに接続して使います。

昨今では折り畳み式プラグや超小型ACアダプタなどの登場で、使い分けの定義が曖昧になっています。

回路方式

ACアダプタの回路方式は、「スイッチング方式」と「リニア方式(ドロッパー方式)」の2つがあります。

回路方式 スイッチング方式 リニア方式
(ドロッパー方式)
サイズ 小型・軽量 大型・重量
入力電圧 ワールドワイド入力
(90-264Vなど)
単一入力
(100V系、200V系)
負荷変動 出力電流が0から定格電流まで変化しても出力電圧は安定している 出力電流0A時に出力電圧が定格の約50%まで上がる ※定格電流時は規格内電圧に収まる
ノイズ 大きい 小さい
エネルギー
効率
通常は70%以上 約60%
価格 安価 高価

以前は高価だったスイッチング方式のACアダプタですが、広く普及したおかげでお求めになりやすい価格になってきました。

他方、リニア方式のACアダプタは全体的な需要が減少しつつありますが、ノイズが小さいというメリットがあるため音響機器などノイズ対策水準が高い業界では重宝されています。

ACアダプタの規格・規制

ACアダプタには製品の機械安全に必要な事項を定めた安全規格と、外部電源の平均効率の向上を義務付ける効率規制への対応が求められます。

分類 主に求められる規格・規制
安全規格 電気用品安全法(PSE)他、各国の国際安全規格(UL、CSA、ENなど)
効率規制 DoE Level Ⅵ、CoC Tier2、EU ErP指令など

電源技術の発展や社会情勢の変化に応じてACアダプタの規格・規制は更新されていきます。
最近のトピックでは、米エネルギー省(DoE)のレベルⅥ規格対応や、失効予定のIEC60950とIEC60065から2020年12月20日に規格統一されるIEC62368-1など。

米国とEUの規制当局を中心に規格・規制の見直しが展開していますが、国内での施行時期を見据えて最新の規格・規制に対応しているACアダプタメーカーを選定しましょう。

ACアダプタを採用するメリット

外部電源の一種であるACアダプタは内部電源にないメリットが多数あります。

ここではACアダプタの代表的なメリットをご紹介いたします。
ACアダプタを採用される目的を明確にして、メリットを十分に活かせる仕様を選定しましょう。

電気製品の設計が容易になる

ACアダプタと内部電源では安全規格への対応方法が変わります。

商用電源を使う電気製品は各国が定める安全規格の適用を受けます。
内部電源の場合は本体機器すべてが規制の対象になりますが、ACアダプタを採用して本体機器への電源供給を低圧に限定することで、規制を受けずに本体機器を設計することが可能です。

本体機器の小型化・軽量化

ACアダプタを採用すれば内部電源のサイズ(沿面距離、空間距離を考慮)分、本体機器の小型化・軽量化が可能になります。

メンテナンス性の向上

電源に不具合が発生した場合、内部電源は本体機器ごとメンテナンスの対象になりがちが、ACアダプタの場合はACアダプタの交換で済みます。

熱対策

熱対策は電気製品の恒久的な課題です。
電源が発する熱は他の電子部品の信頼性や寿命に悪影響を及ぼす可能性があり、製品形状や環境によっては高度な放熱設計が要求されます。

その電源を本体機器から外部へ出すことができるACアダプタは存在そのものが熱対策とも言えます。

ノイズ対策

物理的な距離が容易にとれるACアダプタは、ノイズの影響を受けやすい本体機器のノイズ対策に最適です。

ACアダプタ自体もリニア方式(ドロッパ―方式)を採用することによりノイズの発生を抑えることができます。

内部電源より安価なケースも

ACアダプタの普及により各メーカーから多種多様な仕様(電気特性や形状、規格等)のACアダプタが登場しています。

オーバースペック(必要以上に高性能)分の無駄なコストが削減できるため、仕様が合致すれば内部電源よりも安く提供できるACアダプタ仕様も増えています。

お問い合わせはこちら

法人様以外からのお問い合わせにつきましてはご回答並びにご連絡致しかねます。予めご了承下さい。

▼お問い合わせ内容入力

必須
必須

※数量に応じた割引価格(ボリュームディスカウント適用価格)をご提示致します

必須

※最大1MB(1048576バイト)


▼お客様情報入力

必須
必須
必須

※姓名間には空白をお願いします

必須