過去コラムでお話をしたことが、最近営業の担当者で実際の出来事として再度有りましたので、これは重要と思いまして再度で取り上げさせてもらいます。

今回あるお客様で「ご注文がいただけそうか」の状況確認を営業担当にしましたら「現在そのお客様はPRしてます」との報告がありました。

私が知りたかったのは、”何をやっている、何を対応しているか”でなく、”その対応で結果がどうなるか、どうすることができるか”です。

結果が出ない人は、何をやっているかを上司に必死に説明して、「自分は一生懸命対応・努力しているので、それを認めてください」というような声が聞こえそうな報告をしてきます。

結果が出せる人は「いつまでにどのような結果を予定してます」という報告で、プロセスは当然重要ですが 結果に対しての報告をして、プロセスを上司より確認をされたら、どのような対応・対策と取っているかの報告を付け加えます。