工場の省エネ・CO2削減方法の最新技術ネタ

工場の省エネ担当者様に最新技術ネタとして既存の変電設備へ組み込む省エネ対策をご提案いたします。無料シミュレーションで省エネ効果を確認できる商材もありますのでお気軽にご相談ください。

省エネ対策はやり尽くしネタがない
設備を丸ごと入れ替えるような予算はない
省エネ目標が達成できない
期待する省エネ効果があるか不安

このように、多くの担当者様を悩ませる工場の省エネ対策。
そんな悩める担当者様にグローウィルがご提案させていただきます。

工場の省エネ|コスト削減とCO2削減の取り組み

工場の省エネ対策は、企業の収益改善にとって重要な要素です。なぜならば、工場やプラントなどの製造業は大量のエネルギーを消費する事業であり、そのエネルギー削減の取り組みは企業のコスト削減に大きく貢献してくれるからです。

同時に環境問題・エコロジーへの取り組みとしての側面もあります。環境省のSDGs実施指針(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)の中に「徹底した省エネの推進」があり、省エネ法、建築物省エネ法による規制設置や補助金などの支援設置で省エネ関連投資を促進しています。

つまり、工場の省エネとは企業の収益性と社会的責任(CSR)を両立する、企業にとって大変意義深い活動なのです。

工場で行われている省エネ方法のアイデア

工場の省エネ方法には簡単に実践できるものから設備投資によって行われる大規模なものまで様々です。節電を中心にピックアップしましたので省エネのアイデアとして参考にしてみてください。

  • 照明の点灯時間制限や自動制御、間引き
  • 照明機器のLED化
  • OA機器の省エネモード活用
  • サマータイムの導入
  • ピークカット、ピークシフトの導入
  • 生産設備の稼働管理(不要時OFF等)
  • 空調設備の温度調整
  • 換気設備の風量制御
  • ボイラー設備の効率的利用
  • 高効率な給湯設備の採用
  • BEMSの活用
  • 再生可能エネルギーの導入

世間では省エネ推進が叫ばれて久しくなりますが、いち早く工場の省エネ・CO2削減に取り組んでいる企業様におかれましては、主だった施策はすでにやり終えて次の打ち手を模索中かと思います。

実施済み施策の改善だけでは省エネのネタとしてインパクトが弱いので、前年度実績をベースに上がり続ける省エネ目標をクリアするためには新たな省エネの打ち手が必要になってきます。

近年では政府の2050年カーボンニュートラル宣言を受け、脱炭素社会の実現に向けた取り組みが加速しており、CO2排出量が多い製造業には重く圧し掛かる課題になっています。

ただ、そうは言ってもやり尽くした感がある省エネ・CO2削減対策でインパクトがあるネタを手に入れるのは難しいですよね。そこでグローウィルではこれまでになかった切り口の省エネ対策をご用意いたしました。

【最新技術ネタ】工場内変電設備の省エネ提案

省エネユニット「ecomo」・省エネトランスの適用例

グローウィルがご提案する省エネ対策は、工場内変電設備に組み込む省エネユニット及び省エネトランスです。

工場内変電設備の省エネネタというとトップランナー変圧器を連想されるかと思いますが、省エネユニット及び省エネトランスは設置箇所の棲み分けができておりトップランナー変圧器とは別に省エネ・CO2削減効果が見込めます。

製造業で導入された省エネ事例

省エネユニット「ecomo」及び省エネトランスの採用実績については詳細ページにてご紹介しております。下記リンクをクリックしてご確認ください。

省エネトランス

省エネトランス

一部上場企業様が省エネ効果を立証!小型、軽量、高効率を実現した新発想の電源トランスです
省エネユニット ecomo

省エネユニット「ecomo」

電線と電子機器の電力ロスを抑えて電気使用量を削減する電力改善装置。電力使用量のうち、5~15%の削減効果が見込めます